デリケートなピアノはピアノ移送を得意とする専門会社に託すのが、安心できるでしょう。さりとて、引越し業者に来てもらって、ピアノの引越しだけ別会社に来てもらうのは、手間がかかります。

b44e4a00fe7c24c98f5232cec8b2de49_s
仮の話として、人力では動かせないピアノの移送を引越し業者に依頼したケースでは、人並みの距離での引越しの料金は、大凡友人へのご祝儀程度が相場ではないでしょうか。
輸送時間が長くない引越しを計画しているのならめちゃくちゃ、廉価な料金に抑えられます。しかし、移動距離が長い場合は経済的な負担は重くなります。加えて、あまりにも遠距離だと引越し業者に拒まれることも少なくありません。
大多数の会社は、遠距離の引越しの見積もりをやる折に、まずは高めの料金を言ってくるでしょう。そうして、支払いが難しいと明かすと、段々割り引いていくというようなやり方が多いと言えます。
2軒、もしくは3軒の引越し業者にメールで見積もり金額を教えてもらうから、相場をつかむことができるのです。最もリーズナブルな専門業者に委託するのも、対応が良い会社に申し込むのもライフスタイルに合わせて決めてください。
引越し業者の比較は不可欠ですが、サービス料だけでなく電話での対応をはじめ、エアコンは設置してくれるのか?事前に梱包材は届けてくれるのか?等のサービス面も、非常に意味のある比較の基軸です。
当然、個々の引越し業者の対応してくれる業務内容や料金の比較を実行しないで、見積もりをお願いすることは、値下げの直談判の議長を引越し業者に授与しているのとおんなじですよ。

 

合わせて読みたい記事

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする